Ubuntu+VNCでWindowsマシンからUbuntuをリモートデスクトップで扱う

Windows(VISTA)からUbuntu(Hardy Heron 8.04LTS)にVNCでリモートデスクトップするための設定

システム→システム管理→ログイン画面
「リモート」タブの「リモート・ログイ ンを無効にする」という設定を「ローカルと同じにする」に変更します.

Ubuntuマシンの設定
# sudo apt-get install vnc4server xinetd
(vnc4commonも同時にインストールされます.vnc4serverだけだと,毎回の接続時に一旦sshでvncサーバを起動しなければならないので,サービスとして起動するため,xinetdもインストールします)

# sudo vi /etc/xinetd.d/xvnc #xvncのサービス登録

service xvnc
{
disable = no
socket_type = stream
wait = no
user = nobody
group = tty
server = /usr/bin/Xvnc
server_args = -inetd -geometry 1024×768 -depth 24 -query localhost -once PasswordFile=/etc/passwd_vnc -extension XFIXES
}

VNCのパスワード設定
# sudo vncpasswd /etc/passwd_vnc
Password:
Verify:
# sudo chown nobody.tty /etc/passwd_vnc

VNC用のポートをListen
# sudo vi /etc/services
xvnc 5900/tcp # VNC Server ← 追記

VNCでも通常のデスクトップを使うための設定
# sudo vi /etc/X11/gdm/gdm.conf
[xdmcp]
Enable=True #falseから変更
RemoteGreeter=/usr/lib/gdm/gdmlogin #アンコメント

# sudo /etc/init.d/xinetd restart
# sudo /etc/init.d/gdm restart

VNCクライアントをインストール
クライアントのWindowsマシンにここからUltraVNCをインストールします.

UltraVNCを起動して,ターゲットマシンのIPを入れ,VNCのパスワードを入れると,ログイン画面に移行します.

One Reply to “Ubuntu+VNCでWindowsマシンからUbuntuをリモートデスクトップで扱う”

コメントは受け付けていません。