Rocket.Chatをsnapでインストール(Ubuntu 14.04 LTS / 16.04.1 LTS)

Rocket.ChatをSnapでUbuntu 14.04 LTS と 16.04.1 LTSにインストールした際の記録です。

参考サイト:snapを使ったRocket.Chatの簡単インストール

事前準備:Snapデーモンを動かすにはLinux Kernel(HWE)がインストールされている必要があるため、LTSEnablementStackを参考にしてインストールを済ませ、再起動しておく。

snapdのインストール

$ sudo apt install snapd

一旦再起動する(不必要かもしれないが、検索してもなかなか解決策が見つからないエラーが再起動で解消した)。

$ sudo reboot

Rocket.Chatのインストール

$ sudo snap install rocketchat-server

これで動くはずなので、下記のコマンドで起動状態を確認する。

$ sudo systemctl status snap.rocketchat-server.rocketchat-server.service
$ sudo systemctl status snap.rocketchat-server.rocketchat-mongo.service

実際にサイトにアクセスして確認 > http://(Server Address):3000

ついでにRocket.Chatサーバへのアクセスポート(3000)を変更する

$ sudo snap run rocketchat-server.initcaddy

メッセージ:Replace /var/snap/rocketchat-server/(current)/Caddyfile with your own to customize reverse proxy が表示される(currentの部分はビルドによって異なる)ので、Caddyfileを編集する。例えばSSL接続でポート30000に変更する場合:

$ sudo vi /var/snap/rocketchat-server/(current)/Caddyfile
https://example.com:30000 #この行のみ変更
proxy / localhost:3000 {
websocket
transparent
}

Caddyサービスを再起動する。

$ sudo systemctl restart snap.rocketchat-server.rocketchat-caddy

リダイレクト設定の詳細は Auto SSL with Snaps を参照。