IPv4 over IPv6 を導入した(NTT Flet’s + So-net)

internet network photo

細かい話は先人が書いてくれていますので、環境と手続き、結果のみ記載します。

環境

  • インターネット回線:NTT Flet’s 光 マンションタイプ VDSL
  • プロバイダ:So-net
  • ルータ:Buffalo WXR-1901DHP3

手続き

  • So-netのサポートに電話して「速度が遅いのでIPv6 IPoEを有効にしたい」と伝える(NTT Flet’sの回線契約情報を提供するとNTTへの申請も代行してくれる)
  • 2時間後(!)IPv6 IPoEが有効になった旨、So-netからメールが来る(So-netの窓口は手続きに2日位かかるかもと言ってたが、依頼後すぐに開通した模様。後にNTTからもハガキで連絡が来た)
  • VDSLモデルを再起動後、Buffalo WXR-1901DHP3を AUTOモードで接続すれば勝手にIPv4 over IPv6を設定してくれる1 。

結果(平日夜21時頃)

速度測定にはRadish Network Speed Testingの結果を掲載させて頂いています。(画像のクレジットは 株式会社Studio Radish、 CC BY-SA)

  • IPv4 PPPoE(事前)
  • NTT NGN網までの速度
  • IPv4 over IPv6(事後)

約100倍!(しかし645kbpsってひどくないですかね・・・)

  1. 手動で設定したい場合、So-netは http://www.mfeed.ad.jp/transix/ds-lite/contents/buffalo_wxr1900dhp.html に記載のとおりで設定できる []