「Misc」カテゴリーアーカイブ

Miscellaneous things…

ポートベースVirtualhostでHSTSを有効にすると全てのVirtualhostへの通信がhttpsにリダイレクトされてしまう

ownCloudを8.1にアップグレードすると, The “Strict-Transport-Security” HTTP header is not configured to least “15768000” seconds. For enhanced security we recommend enabling HSTS as described in our security ti … 続きを読む ポートベースVirtualhostでHSTSを有効にすると全てのVirtualhostへの通信がhttpsにリダイレクトされてしまう

UbuntuでPython3.4 + mod_wsgi + mysql5を使うときの注意点

UbuntuでPython3.4 + mod_wsgi + mysql5をセットアップした際にかなりはまったので注意点をメモしておきます. 環境: Ubuntu 14.04 Apache/2.4.7 (Ubuntu) 5.5.44-0ubuntu0.14.04.1 Python 3.5.0 (pipでインストール) この状況で,wsgiとmysqlを利用する場合,mysqlコネクタとmod_wsgiの選択を誤るとうまく動かないことがある … 続きを読む UbuntuでPython3.4 + mod_wsgi + mysql5を使うときの注意点

ownCloud 8.1でメモリキャッシュ関連のwarningを止める

ownCloudのバージョンを8.1に上げたところ,「メモリキャッシュが設定されていません。パフォーマンスを向上するために、可能であれば memcache を設定してください。」というwarningが表示されるようになりました. ownCloudのドキュメントによると,APCuを使うのがおすすめなようです.しかし,現時点でUbuntu14.04でインストールされるのは, $ sudo apt-get install php5-apcu … 続きを読む ownCloud 8.1でメモリキャッシュ関連のwarningを止める

MongoDB 3.0系で作成したユーザがRobomongoからアクセス出来ない場合の対処

環境 Ubuntu 14.04(MongoDBが載っているサーバ) MongoDB 3.0.4 Robomongo 0.8.5 クライアント(Windows / Mac) 症状 MongoDB3.0以降で作成したユーザを用いて,Robomongoからログインしようとすると認証エラーになる 原因 MongoDB 3.0以降は,ユーザ認証メカニズムにSCRAM-SHA-1方式を用いるようになり,新規に作成したユーザはSCRAM-SHA-1方 … 続きを読む MongoDB 3.0系で作成したユーザがRobomongoからアクセス出来ない場合の対処

Evernote Mac版 6.0.13 で暗号化解除後のテキストが表示されない

Evernoteの話を連投1しています.このほど,Evernote Mac版6.0.13がApp Storeからリリースされましたが,暗号化ノートの暗号が適切に解除されないバグがあるようです. bug: 6.0.13 does not show decrypted text バージョン6.0.11では暗号化解除後にノートの内容が消えてしまう(なんて致命的!)というバグがありました.消えてしまった場合でも,すぐにCommand-ZでUnd … 続きを読む Evernote Mac版 6.0.13 で暗号化解除後のテキストが表示されない