ownCloud 8.1でメモリキャッシュ関連のwarningを止める

500px-OwnCloud2-Logo.svg

ownCloudのバージョンを8.1に上げたところ,「メモリキャッシュが設定されていません。パフォーマンスを向上するために、可能であれば memcache を設定してください。」というwarningが表示されるようになりました.

ownCloudのドキュメントによると,APCuを使うのがおすすめなようです.しかし,現時点でUbuntu14.04でインストールされるのは,

$ sudo apt-get install php5-apcu
$ sudo dpkg -s php5-apcu
・・・
Version: 4.0.2
・・・

と4.0.2であり,4.0.6以前のバージョンはownCloudで使うことを推奨されておらず,warningも消えません.幸い,依存関係の問題もないようなので,4.0.6を手動でインストールすることでこの問題は解決できます.1

$ sudo wget http://mirrors.kernel.org/ubuntu/pool/universe/p/php-apcu/php5-apcu_4.0.6-1_amd64.deb
$ sudo dpkg -i php5-apcu_4.0.6-1_amd64.deb
$ sudo rm php5-apcu_4.0.6-1_amd64.deb

最後に,config.phpファイルにmemcacheの設定を追記します.

$ sudo vi owncloud/config/config.php
'memcache.local' => '\OC\Memcache\APCu', (を追記)

これでwarningが消えました.cacheが効いているのかは良く分かりませんが・・・

  1. 参考:HowTo update Ubuntu 14.04 / php5-apcu to a owncloud supported version #14386 []